So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ローソンで [智くん]

今年のローソンはすごいですね。
大野くんづくしで。

翔くんがローソンCMに参入と聞いたときは、大野くんCM率減ってしまうのかな、大野くん色減るのかなと心配したのですが。
全然、そんなことはなかった。

黄金チキンに、おにぎりに、チルド弁当、そしてクリスマス商品まで。どこにでも大野くん。

大野くんが試食したというだけで、その商品を買いたくなってしまうんですもん。
我ながら重症だなと思いますが、私に限らずそういう大野くんファンが世間にはきっと想像以上にたくさんいるんでしょうね。
だからこそたくさん売れて、反響もあって、その結果としてさらに次々と大野くんを前面に出した企画がやってくる。

もうローソンさんの思うつぼだなとは思いますが、思いっきりローソンさんの戦略にはまってます。

なので、クリスマスもローソンで予約です。
ケーキとチキン、それからワインやその他のパーティーフーズ。

今までコンビニでケーキ予約なんて考えたこともなかったけど。
チキンだってケンタッキーだったし。

今回はローソンづくしのクリスマスです。
楽しみです。

ココア [智くん]

念願のココアのCM来ましたね。

ココアが好きな大野くん。
初めて森永のCMが決まった時、いつかココアもやってくれないかな~なんてココアCMへ一歩近づいたような気がしたものです。
でも、昨年の修造さんのCM見て、あれほどベイクが好評だったのにそれでもココアはこないんだってがっかりしたのに。
今年はまさかの、でしたね。
もうポスターが貼られているお店もあるし、テレビCMももちろんありますよね。
楽しみだなあ。

単純に暖かな部屋でふわふわのニットを着た大野くんがおいしそうにココアを飲むだけでもいいけど。

どうせならちょっとした映画のワンシーンのようなストーリーがあってのココアシーンだと嬉しいな。

たとえば失恋して気落ちして帰宅した妹に、それを知っているお兄さん大野くんが優しくココアを差し出して、
「あったまるよ」なんて声かけるとか。

わりとベタなシーンでいいのです。

↑がふつうの森永ココアで。

純ココアのCMもできればやってほしいかも。

こちらはちょっと大人設定で、リーマン大野くんが仕事でライバルに負けてちょっと苦い思いをかみしめての帰宅。仕事でいやなことあったんだなと感じ取ったお父さんが、「まあ、働いていると色々あるよな」なんて言いながら、(あるいはそういう余計なことは言わずに)さっと差し出すココア。

「大人の味だろ」

「大人の味か」

お父さんの言葉をしみじみ噛みしめて、「あったかいな」とつぶやく。


こんなのだめかな。

まあ、なんでもいい。
早くCMオンエアしてほしいな。
期待してます。



最近の大野くん VS嵐 2014.8.28 [テレビ番組]

VS嵐、大野くんの見どころはけっこうあって楽しかったです。
でも、最近気になるのが、大野くん、目をぎゅっとつぶるチックっぽい行為が以前に増して多くなったこと。
そして唇もぴくっと片端持ち上げるのも、なんかチックっぽいし。
で、貧乏ゆすりっぽい片足カタカタやるのまで。

大丈夫なのかなあ。

なんか過保護とか気にしすぎとか言われそうだけど、気になります。
大野くん、余裕で平然となんでもこなしているように見えるけど、あんなにハードルの高いハンデをつけられたり、無茶ブリされたりして、平気なはずがないと思うのです。

やっぱり緊張するし、プレッシャーを感じたりするよね。

ちょっと前の大野解説員のバンクボウリング。
見事だったけし、嬉しかったけど、あの脇汗みたらね。
大変だったんだなって。
赤ピン倒せなかったら坊主にするっていう約束までさせられていたらしいし。

ちょっとたまんないなあ。

確かに盛り上がるけど。

大野くんは余裕でこなすって、VS嵐のスタッフまでもが言ってるけど。
なんでもできるひとだけど、能力の高い人だけど、なんにも感じてないわけじゃないと思うから。

孤高の人  しやがれ二時間SP マツコ。デラックスさんゲスト2014.7.5 [智くん]

しがやれ2時間SP。

マツコさんが大野くんのことを自分と似ていると言ってましたね。

自分と似ている。
闇を持っている? 抱えているでしたっけ?
譲れないものをたくさん持っている。
丁重に扱ってしまう。
土足で踏み込んではいけない。
おかしな人代表。
なんかよくわかんねえなっていう人ではある。
自分の話には関心を持ってくれない。

岡本太郎と草間弥生みたいなツーショット。

こんな感じでしたっけ。


まあ、マツコさんは、大野くんのこだわりと聖域を認めていてそれを冒してはいけないと思っているんですね。
自分と似ているといいながら、そばにいると緊張しているかのような、どう接したらいいのかわからないような態度を大野くんに対して見せるマツコさん。

私の個人的な感覚や想像ですが、
マツコさんは大野くんに惹かれるものがある反面、自分にはまったくわからないものを持っているひととしてどこか恐れを抱いているのかなと思いました。

恐れというと語弊があるかもしれませんが、大野くんの聖域を冒すことに対する恐れ、大野くんの心を傷つけてしまうのではないかという恐れ。
傷つけてはいけない、穢してはいけない高みにあるもの。

自分と似ているんだけど、同時に正反対と思っているんじゃないかなと。

それは翔くんに対する正反対とはまた違う。

マツコさんが大野くんに対して似ていると思う部分は、たぶん「孤独を抱えている」「闇を抱えている」っていう部分ではないかと思うのです。
でも、私は思ってしまう。

マツコさんは孤独な人。
大野くんは、孤高の人。

大野くんの孤高を、マツコさんは自分の孤独と同じように感じたのかなって。

でも、単なる孤独と、孤高ゆえの孤独とは違う。

違うと思います。










おおちゃん [智くん]

大野くんのバースデーも更新せぬまま、誕生日の話にふれることもなく今日にいたってしまいました。

33歳ですね。
33歳でこんなにかわいくてかっこよくて、洗練されて、人気も天井知らずになっているとは。
数年前ファンになったばかりのころは想像してませんでした。
希望はしていたけどね。

月9とか、CM好感度ランキング入りとか、映画とか。
連続ドラマの視聴率とか。チャリTシャツ120万売り上げとか。
24時間ドラマとか。

なんかもう想像を超えて凄い大野くんです。

隠され続けてきたダンスや歌の上手さも最近けっこう解禁されてきたのかアピールされるようになってきて。
MステSPでまさかのソロ曇りのち快晴解禁。
いままでランキングのなかでさえスルーされてきたのに。
そういえばMステのPが横領していたとかでかわったんでしたっけ。
そういうのも関連しているのかな。

VSではわかめちゃんが歌が上手いし、かっこいいなんて言ってたし。
知念くんのメロメロぶりもほほえましく、山田くんも24時間ドラマ以来すっかり大野くんファンになったようですし。

いろんな意味で大野くんの仕事の成果が出て評価が高まってきている感が嬉しい。

大野智ファンとしては充実した幸せな毎日です。
これでコンサートにいけていればますます幸せでしたが。


それはともかく。
来年はそろそろ個展もありそうですよね?
インタビューでの大野くんのコメント見ても漠然とした希望ではなく具体的な展望になってきた感じがするし。

奈良さんに油絵を習ったり、草間さんの影響を受けてドットに挑戦してみたり。
若冲の技法を取り入れてみたり。
関わったり交遊を持ったアーティストにいい影響と刺激を受けてますます進化、深化していく大野くん。

次の個展があったらかなり作品も期待できそう。
それに08年ですらあれだけ大規模だったことを考えると次の個展はなんかもっと凄そうですよね。
開催されたとして果たして見に行けるのか。見ることができるのか。それが今から心配です。







大野くんの振り付け HEYHEYHEY [智くん]

先日のHEYHEYHEYのSPで嵐をたっぷり楽しめました。
これだけ長く嵐に尺をとってくれるとは。
嬉しかったです。

で、お正月のころに松潤とメールでやりとりしたというのが前もって知っていて、え?もしかして大野くんの振り付け?
なんてどきどきしていたら、ホントに大野くんの振り付けだった。
しかもそれがこの曲の売りといわんばかりの紹介の仕方でしたね。

すごくかわいくてしゃれた振り付けだったなあと思います。

大野くんって曲線を大切にする気がします。
ほかの振付師だともっと直線的な動きや構成が多いように思うのですが、大野くんは直線の中にきれいな曲線を取り入れてくる。
出だしのところも、縦になって徐々に顔を出していくところ、すごく流麗な動きできれいなあ振り付けだなあと。

半円になって踊るのも嵐の振りでこういうのってありましたっけ?
初めてのような気がします。

一人一人、ソロパートできちんと目立つような配置になっていて、でもソロパート以外のメンバーの踊りもとてもきれいでかわいくて目が離せない感じ。

始まってすぐのみんなでのステップも軽やかですてき。
大野くんソロが始まる直前の大野くんのターンのうつくしさ。

ダンスはきれいだわ、振りは凝っていてきれいでおしゃれだわで、もういうことないです。


観ていて幸せになれる明るい嵐ですよね。

ラスト近く大野くんがカメラを見てはにかむようにやわらかに笑うところがもうかわいくて大好き。
なんだったんだろう、あれ。
すごくすごくかわいかった。

そして最後のポージング。
グラビアのようでした。

歌でああいう終わり方って珍しいですよね。
一説によると嵐という文字をかたどっているとか?
ホントかな?確かにそんなふうに見えますね。

なんか随所に大野くんらしさと、嵐に似合う、でも今までにない新鮮な振りがあってしみじみと大野くんの才能と努力に感服です。


他人に振りつけるって、いい刺激になるんでしょうね。
自分のソロだけに振りつけるのとはまた違って、嵐に似合う振り付けをと考えることで新しい発想・工夫が生まれてきているように感じます。


もちろん過去にもずいぶんコンサートで嵐の曲を振り付けをしてきたんだけど。
さらに一段飛躍したような感じがするのです。

どんどん進化する大野智。
凄いです。







色々 [その他]

先日好きだったブログがまたひとつ閉鎖してしまいました。
大野くんが大好きなことがとても伝わってくるすてきなブログだったのに。
朝出勤途中に閉鎖のお知らせの最後の記事を見て、思わず涙ぐんでしまいました。

なんで大野くんのこと好きなだけの人が傷つけられないといけないんでしょうね。
たとえば他の誰かを貶めたりしていたとかいうのなら非難の対象になってしまうのもまだわかるのですが。
そういうこともないホントに優しいブログだったのに。

さびしいですね。

大野くんがもし知ったら悲しむでしょうね。

まだ何者でもない自分 岡田くんと大野くん VS嵐2013.12.19 [智くん]

今日のVS嵐。楽しかった。
やっぱりジャニーズがゲストにくると盛り上がりますね。
相手チームも澤さんはじめ楽しい方たちで盛り上げ上手でしたし。

岡田くん。
もうすでにおなじみの同期からのいや実は大野くんの方が先輩ネタ。
わかっているのに楽しい。
二人もネタでやりながらそのあとのボウリングの投球のときのちょっとした自然なやりとりが親しみがこもっていてほほえましい。

ぎゅっと肩を抱かれたり、たかだかボウリングのピンとちょっと多く倒しただけであの強い抱擁。
もう抱きしめたかっただけとしか。


大野くんと岡田くんの関係ってまたほかの誰とも違っていて新鮮で感じがいいです。
対等な感じがいいのかも。
やはり同期というのはいいものですね。

このところしやがれでも、VSでも岡田くんがゲストに来ると一番関係に焦点があてられるのが大野くん。

共演経験のある翔くんや松潤をさしおいて。また悩み相談に乗っていたりしていたニノなどもいるのに。

以前は岡田くんというと翔くんとの関係がクローズアップされていたように思います。
ぶっさん、バンビと呼び合って。

今回もちらっとやってたけどそれほどじゃなかったですよね。

翔くんと仲いいのも、他のメンバーともそれぞれ気さくな関係なのも実際事実なんだろうなと思います。

今大野くんとの仲であれこれネタにされるのは、番組側の意向でしょうね。

ここのところの大野くんの人気ってすごいから。
岡田くんとの仲良しエピはファンが喜ぶのわかっているし。

とはいえ、そのネタをやるのがとても二人とも楽しそうです。
特に岡田くん、ノリノリですよね。
それだけ大野くんのこと本当に好きなんだろうなと思います。

逆にほかのメンバーと違ってドラマや映画などで共演経験があるわけじゃないし、ともに過ごした時間といえばデビュー前の一夏だけ。

だからむしろ語れるエピソードの量でいえばほかのメンバーより少ないかもしれない。

でも人の関係って、過ごした時間の多さだけでは語れないものがありますね。

たとえば同じ職場の同僚と何年もいっしょに仕事の時間をすごしたからといってそれだけ親密になるというもんもでもないし。
一方でたった一度会っただけの人に心を掴まれてしまうこともありますもん。

(翔くんとの関係は同じ職場といっても、なんかいい先輩後輩だなあって感じがしますけど。)


まだデビュー前。しかも岡田くんの立場はけっこう微妙でしたよね。
関西から出てきて東京では知る人もいず。
そこで仲良くなってくれた大野くんやほかのジュニア。
その夏いっしょに遊び、時を過ごしてくれた友人はやはり特別な存在になったろうと思います。

まだ何者でもなかった自分と損得勘定なしに純粋に親しくしてくれた人ですから。

そのあとすぐデビューが決まって一足先に否応なしに大人の世界に足を踏み入れた岡田くん。
v6のなかでもけっこう立場的に厳しいものもあってしんどかったようですし。
人気が出てからは余計にやはりアイドルの岡田准一と関わってくる人間ばかりが周囲にいるわけですから。
気楽に心をオープンにして付き合うというわけにもなかなかいかなかったのではないかと。

そんな岡田くんからすればやはり一夏の思い出の中の大野くんはちょっと特別だったんじゃないかな。

大野くんが今のように売れてから二人の関係がクローズアップされるようになったとはいえ、岡田くん自身は大野くんが売れる前からライブなどでも大野くんが送別会を開いてくれたことを何度も嬉しそうに語っていたそうです。

それに共演してみたい相手として(アイドル誌でだったと思うんですが)、大野くんをあげてくれたことありましたよね。

梅佳代さんとの対談でも、大野との方がよかったんでしょとか、三人で旅番組をしたいだったか、旅行をしたいだか言ってたこともありましたし。


岡田くん自身はずっと変わらず大野くんに好意的だったなあと思います。


男って何かというとすぐに相手をライバル視して張り合う対象にしがちだけど、大野くんにはそういう闘争心のようなものを起こさせない何かがあるのかなと時々感じます。

それは大野くんを侮ってのことじゃなく。
実際大野くんってスペック高いですし。
色々できる人だと、むしろ張り合ってこられて大変ってことになりそうなんですが、なぜかそうはならない。

ああ、このひととは争う必要はない。戦わなくていいっていう何か安心させちゃうものが大野くんからはにじみ出ているのかななんて勝手に思っています。


だから周囲の人たちはあれだけ大野くんのことをかまったり、大野くんが何かいうだけで笑ったりするのかなあって。


話があちらこちらに行ってしまってますが、とにかく大野くんと岡田くんは観ていて楽しいということです。




LOVEツアー京セラ最終日 智くんハピバ 備忘録 [山っこ]

行けないのでネットで得る情報であれこれ想像して楽しんでます。
すでにみなさんもご存じのことばかりかと思いますが、自分が忘れたくないので書き残しておきたいのです。


MCのときにハピバがなかったのでもうないのかとがっかりしていた大野くんファン。
でも、もう終わるかという最後の挨拶のとき。
松潤が挨拶を短めに切り上げ、「智、ちょっと早いけど」
と手を引いてセンターステージへ。
お花畑の中にぽつんと一人立たされた大野くん。
とってもかわいかったそう。
で、会場のみんなでハッピーバースデーを歌ったそうです。
なんか所在無げにもじもじしつつも嬉しそうな大野くん。

まだ誕生日じゃないから俺は歌わないよというようなことを言っていたニノ。
大きく口を空けて歌っていたとか(笑)

歌のあとかな?
みんなが口々におめでとうを言ったり握手したりお辞儀したりするなか、ずっと黙って見ていた翔くん。
最後の最後、はけるときに超低音イケメ本気ボイスで「智、おめでとう」といったとか。

ぎゃーー!その場にいたかった!
聴きたかった!

しかも翔くん超イケメだったらしいし。
ああ、見たかった。聞きたかった。

みんなで並んで手をつなぐときも、恋人つなぎだったらしいですし。

いやいや、山ばかりじゃなく、天然とか大宮とか色々あったようすですが。
ついつい山に萌えてしまうんです。

で、そのあとの歌を、「大野くんに捧ぐ」ということだったらしいけど、歌は感謝感激だったので出だしが大野くん。会場の笑いを誘ったとか(笑) でも、その歌の始まり、ほわんとしていた大野くんが一気にどや顔になったそう。


それからたこ焼き。
本番前に相葉くんとニノと大野くんとでたこ焼きを作ったそうです。
相葉くんが大阪に来るとたこ焼きを焼くのは恒例でしたよね。
大将相葉くんにバイトの大宮という設定で。
でも、焼きあがったたこ焼きは大将の相葉くんのはぶかっこうで、バイトの大宮のは丸くてきれいだったそう。
しかも紅しょうがで真っ赤になったたこ焼きだそうで。

彼らが作っているときの写真も紹介されたらしいです。

で、作っているときに、翔くんに作ってあげようとして、翔くんの大好きなネギと紅ショウガとロールケーキをいれたそうで。

ロ、ロールケーキ。ありえないだろ。

しかも、大野くんの食べかけ。
食べている途中で「あ、翔くんの分がなくなっちゃう」と気付いたそうで、その食べかけの堂島ロールケーキをたこ焼きにいれたという大野くん。

いいや、いかになんでも、ロールケーキは。その感覚はなんなんだ。
しかも、食べかけ。

でも、でも、「俺の大好きなやつね」といい、「うまい!」といって食べたという翔くん。
すごいです。

ホントにおいしかったのか。それとも三人の好意を無にしないための言葉だったのか。
愛ですね。
優しさですね。


智くんの食べかけだからおいしいのか。翔くん。
あなたの愛情深さに感服です。




LOVE [DVD コンサート]

ツアーが始まってあれこれとレポがネットにあふれてますね。
私は東京申し込んだけど落選。
がっかりしつつも、レポを読んで想像してます。

大野くんのソロがなんかすごいらしいですね。
あの歌だからあまり踊らないかと思ったらすごく踊ってるらしいですし。
重力を感じさせないステップ。
間近で見た方が足音がしなかったと言っているし。
服の衣擦れは聞こえるのに。
すごい。すごい。


そうそう昨日の午前10時、ローソンに行ってきました。
ぎりぎりですべりこみという感じでした。
山下さんの曲が始まって、いよいよだと心躍らせつつさりげなく店内で買うものを選んでいるふり。
店内にはもうひとり女性がいました。
勝手にこのひとも大野くんのファンかななんて考えちゃいました。
曲をリクエストした人の熱意あふれる紹介コメントが秀逸でした。
ちょっと聞いてて気恥ずかしくなってしまいました。
フルではなくてここで終わってしまうのって感じでしたが、やっぱり感動しました。
でももうちょっとボリューム大きくしてほしかったなあ。

話はコンサートに戻ります。

言葉より大切なもの。
大野くん名古屋では出だし(?)うまく音がとれなくて苦しんだようですね。
札幌では初日、なんとか。二日目余裕って感じで復活したみたいで何よりでした。

歌えば歌うほどわかんなくなっちゃったみたいなことを言っていたらしいですけど、やっぱり歌う人ならではの苦悩でしょうね。

ソロだけでも見たかったな。

札幌は嵐もかなりはっちゃけて楽しそうな感じらしいですし。
MC、全部の分特典として入れてくれないかなあ。

ただ相葉くんがドラタイ曲の途中でソロ準備のためにはけなくてはいけなかったり、ニノがやはりいない間に記念写真を他の四人で撮ったりと、なんだかな~みたいな構成でもあるらしく。
このあたりは今からでも改善できないんでしょうか。
ファンの気持ちを考えれば、こういうのって不満が出るって容易に想像できると思うんですが……。

嵐のコンサートって時々これってどうよっていう構成や演出がありますね。

大野くんがモンスターやフェイスダウンの途中でいなくなったらいやだもんなあ。
ありえない。


そうそう、そういえば今回は大野くん主演ドラタイ曲はないんですよね。

それを思うとアラフェスにいけたのは幸せだったのかもしれません。
でも、今回のソロ曲だけはあきらめられないものがありますけどね。(苦笑)

とりあえず今はワイドショーでのLOVEツアーの映像を心待ちにして、アラフェスのDVDをおとなしく待ってるしかないですね。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。